そもそもセルライトとは何か

体に蓄積されるセルライトとは一体何なのか

セルライト というのは、皮膚がでこぼこになった状態で、皮下3センチほどの付近に存在する脂肪細胞のことをいいます。

 

 

欧米では1970年代から肥満とは違うとされていますが、日本では「美容の大敵」として多くの女性がセルライトに対して日々対策を行なっています。

 

セルライト

 

しかし、多くの日本人女性には「肥満の際に発生する皮膚の断裂や肉割れ」とまだ勘違いされているようです。

 

セルライトは一度発生すると取れにくい脂肪細胞です。
血流不足や筋肉量低下など様々な原因が相乗して発生するのがセルライト脂肪ですので、皮下脂肪が蓄積した最上級の脂肪を解釈しても良いと思います。

 

増殖すると、皮膚をオレンジの皮のようにでこぼこの状態にし、皮膚がざらついたり、吹き出物がでやすくなりします。

 

このセルライトは、日本人女性の8割以上が所有していると言われており、思春期以降の女性であれば、たとえスリムなタイプでもセルライトを有している場合が多いようです。

 

セルライトの語源はフランス語の「セルリ(細胞)」が変化したものですが、発生しやすい場所は、お腹、太股、ふくらはぎなどです。

 

セルライトの発見方法

 

セルライトが実際に自分にあるかどうかは、腕などを自分でギュッとつかんでから皮膚をねじったときに表面にでこぼこが現れるかどうかで、簡単に判断できると思います。

 

セルライト

 

さらに詳細に、どのレベルまでセルライトが進行しているかをしりたい時には、接触性のサーモグラフィーで調査すると、セルライトのある場所は皮膚温度の低下が見られるのですぐ分かります。

 

つまり、セルライトのある場所は冷えているということが言えるのです。

 

セルライトサーモグラフィー

 

二の腕や太もも、お腹という部位はやはり冷えており、新陳代謝していない事が分かりますね!

 

セルライトの危険性とセルライトに対する女性意識

ダイエットに興味のある女性達のほとんどは「セルライト」という言葉を耳にしたことがあるはずです。
このセルライトと、スリムになりたい女性達の宿敵ともいえる存在です。

 

しかし、どうして女性ばかりがこのセルライトを持っているのでしょうか。

 

主に出来る箇所はウエスト周辺、お尻、太もも、二の腕なんかが一般的です。
一度できると、大きくなってなかなか自分では取りづらくなっていくものです。

 

そして拡大すると、見た目の悪さだけでなく、あらゆる不調を引き起こします。
血の巡りが悪くなることで、むくみなどが起こり、血が流れていかずリンパの流れを滞らせて、さらなる脂肪を招きます。

血流

 

普通のダイエットで体重が減るのにセルライトだけが解消されない事で困り果てている女性も多いのです。

 

セルライトをそのままにすると血管が詰まりがちになることで、毎日の体調に不調をきたしやすくなります。

 

主な症状としては頭痛が知られていますが、それが悪化すると血管の詰まりによって引き起こされるような病気を招きますし、命の危険にさらされる可能性もあるので、決して軽くみてはいけない問題となっています。

 

もしセルライトができてしまって、ダイエットを考えるなら、それは健康状態を悪化させる手強いものであるという事を認識して、早急に対処する必要があります。

 

頭痛

 

セルライトと脂肪の比較検討について

セルライトと脂肪の2つは生化学上は同じ意味となりますが、セルライトの意味は脂肪の硬くなった物と言うことになります。
ただし、構造上は相違点がないことになっていますが、セルライトと普通の脂肪には下記の様な明らかな相違点があると言われています。

 

脂肪とセルライト違い

脂肪

先ずは脂肪の特徴に付いて説明します。
脂肪は男女問わずどちらにも付きやすい性質があります。
更に脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪と言う2種類があります。

 

また、食事や運動方法を改良したり取り入れたりする事によりダイエットで脂肪を落とす事が実現できます。

 

セルライト

それに対してセルライトは、驚くべき事に男女の両方で付きやすい付きにくいと言う事がハッキリと分かれるようで、格段に女性の方にセルライトが付きやすいと言う特徴があります。

 

これは女性が皮下脂肪が付きやすい体質である言うところから来ているようで、皮下脂肪がある部分にセルライトは付きやすいです。

 

皮下脂肪は二の腕や太もも、お尻などによく付きやすいです。
なので、太っているからセルライトが付くと言うことでは決してなくて、たとえ痩せていてもセルライトは付いてしまうということになります。

 

セルライト

更にダイエットと異なり食事や運動を改良したり取り入れたりしてみてもセルライトは無くなりにくいと言う事実が立証されています。

 

この要因はセルライトは皮下脂肪が悪化してできたものなので中々改善されないんです。

 

このようにして脂肪とセルライトの2つを比較検討してみると似ている様でまったく似ていないと言った真実が実によく分かると思います。

 

セルライトと脂肪は付き方がまったく違うと言う所から考慮してみて、どちらを落とすかで対策方法が変化します。

 

但しセルライトは一度付いてしまうと落としにくいと言う性質があるので、ローラーやエステサロンで早いうちに除去するのが重要でしょう。

 

脂肪とセルライトは似ていますが絶対に違うのだと言う意識を日頃から強く持ちその対処方法を考えて行くようにしましょう。

 

セルライト

 

セルライトがつきやすい部位は下半身?脂肪を蓄積する機能がある?

セルライトは実は下半身につきやすいという傾向があります。

 

これは脂肪レセプターという体の機能に関係してきます。
脂肪レセプターとは言葉の通り、脂肪を蓄積する体の機能で、上半身と下半身を比較すると1:6で下半身が脂肪を溜めやすい性質があるようです。

 

加えて下半身は血液が心臓まで届かないケースもあります。
立ちっぱなしの仕事などをしている方は下に血液が溜まってしまい、それが原因で血流不良になるという事もあるんです。

 

立ち仕事

 

また女性の多くは冷え症なのでこれも血流不全になりセルライトができてしまう原因を作ります。

 

冷え症

 

上記のように、前提として下半身が脂肪がつきやすい事に加え、冷え症や立ち仕事など女性はセルライトが出来てしまうことが多い傾向にあります。

 

セルライトの解消の仕方はエステがベスト!?基本は温めほぐす事

セルライトの解消グッズは多数でていますが、本質的な解消は

 

「温める事」と「ほぐす事」です。

 

ただ難しいのが温めるというのもお風呂の湯船に浸かっていればなくなるかというと効果としてはありますが、かなり難しいです。
脂肪を温めほぐすには体の奥深くの脂肪まで届かないといけないという事があります。

 

エステのキャビテーションやラジオ波は高周波や超音波を使い、細胞の奥深くまで浸透して脂肪を温めほぐすので、
セルライト解消の効果として最適なのはエステサロンといえるでしょう。

 

キレイサローネ体験レポートヴィトゥレ体験レポートラ・パルレ体験レポート

 

関連ページ

セルライトエステの除去方法はこちら
セルライトエステがオススメの理由
セルライトエステの選び方はこちら
セルライト除去エステの価格

 

セルライトエステの安いランキングTOPへ